トップページへ

■送料無料■【ドリップ用】ルビーマウンテン  生豆時450g (焙煎後360g前後)

   

 


 

 


■香ばしいコーヒー! 豆はやや小粒で、焙煎の火が早く入ります。

熟度にばらつきがありますが、それぞれの焙煎度の微妙な違いが、全体的には香ばしくて複雑な香味となっています。

タイプ的にはコスタリカSHBが近いですが、より香ばしさがあります。

ボディは軽いです。

ベトナムはロブスタ種が多い地域ですが、その中での高品位アラビカ種です。

同じロブスタ種が多い地域のアラビカ種としてはインドネシアのマンデリンなどがありますが、全く異なる方向であるのが興味深いです。

なお、豆の由来は標高の高いルビー鉱山の周辺で栽培されていることによります。

ドリップコーヒー用の焙煎は香りが引き立つような焙煎にしています。

焙煎に用いるジェットロースターは、一回に焙煎できる量がたった450gしかありません。

(※一般的な自家焙煎店は3〜10kg) このため、ご注文ごとに一つ一つ、ハゼ音を聞きながらロースターが丁寧に焙煎しています。

一回に焙煎する豆の量が少ないため、豆あたりの焙煎熱量が非常に大きく、コーヒー独特の芳香となる糖質のカラメル化を促しています。

また、高い焙煎温度で問題となる燻煙臭は、熱風により早期に除去します。

これにより、コーヒーの芳香を存分に楽しむことができます。

■ミディアムロースト 名前はミディアムですが、浅い焙煎になります。

1ハゼの終わり頃で、糖質のカラメル化がそれほど進んでいません。

コーヒー特有の芳香はやや不足がちですが、すっきりとキレのいい酸味が楽しめます。

■ハイロースト 名前はハイローストですが、やや浅めの焙煎になります。

1ハゼと2ハゼの中間頃で、糖質のカラメル化が進んで褐色になっています。

コーヒー特有の芳香があり、また酸味も鮮やかに出るので、良質な豆では上品な仕上がりになります。

■シティロースト CaffeCuoreで標準とする焙煎度です。

2ハゼに入る寸前の豆で、わずかなハゼ音の変化を耳を澄ませてとらえています。

糖質のカラメル化が全体に行き渡り、もっとも芳香が豊かになる焙煎度です。

酸味も甘みを伴い、コクや苦味とのバランスにも優れます。

市販されているシティローストよりも、CaffeCuoreのシティローストはやや煎りが深めになっています。

■フルシティロースト やや深入りの焙煎度です。

しっかり2ハゼに入っており、コーヒーオイルが表面に滲んでいます。

酸味はかなり抑えられており、コクと苦みが中心のテイストです。

お砂糖やミルクとの相性がよく、欧州などでも好まれています。

甘いスイーツともよく合います。

■フレンチロースト 深煎りの焙煎度です。

2ハゼのピーク付近の豆で、コーヒーオイルが表面にはっきりと現れています。

酸味はほとんど感じられず、強い苦みとコクが特徴です。

苦く香ばしいコーヒーがお好きな方にお勧めです。

また、カフェオレや、ストレートのアイスコーヒーにも向いています。

■アイスコーヒーロースト アイスコーヒー用の深煎りの焙煎度です。

2ハゼのピーク付近の豆で、コーヒーオイルが厚く表面にでています。

酸味はなく、氷に負けない強い苦みとコクが特徴です。

アイスコーヒーとミルクを1:1にした「アイスカフェオレ」もおすすめです。

内容量 生豆時450g(※焙煎度により約15〜20%ほど減少します) 賞味期限 3ヶ月 保存方法 冷暗所で保存 原材料 コーヒー豆 商品説明 レギュラーコーヒー

  • 商品価格:1,060円
  • レビュー件数:1件
  • レビュー平均:5.0(5点満点)

楽天で購入

トップページへ


TOP